会社案内

里長挨拶

常に進化しながら新しい時代を
地域と共に発展していく企業

鎌倉時代よりこの地に移り住んで以来750年、私たちはこの地域の大きな自然に守られ、悠久の時間を過ごしてきました。中国山地の良質な砂鉄と森林資源は、この地域にたたら製鉄の文化を育み、私たちはその豊かな営みの中に生きてきたのです。

室町時代から当家の生業でもあり、日本人の生活を支えた「たたら製鉄」は裾野の広い産業でした。鉄の生産だけではなく、山の仕事や農業、牛馬の世話など、かつては吉田の町にも1万人以上の人々が住み、たたらに関わる仕事に従事していました。

しかしながら、大正期にたたら製鉄が途絶えて以降、現在では最盛期の10分の1ほどの人口となっている状況に、私は大きなショックを受けました。

そのような折に、地域の中学校から講演の依頼を受け、その場で生徒たちに約束をしたのです。
「この地域に必ず仕事をつくるから、大人になったら一緒に頑張ろう」と。

たたらは、先人たちの知恵と技術によって培われたモノづくりの原点であり、世界に誇れる文化です。山から砂鉄をとり鉄の塊をつくる発想、より大きくつくる工夫、そこには絶え間ない挑戦があったはずです。
同じように、今の私たちにできないはずはありません。
地域の皆さんと一緒にかつての里の活力を取り戻すための狼煙が上がりました。

近年ではたたら製鉄も再興し、「たたらの里づくりプロジェクト」を立ち上げました。
たたら製鉄の産業復興だけが目的ではありません。農業や観光、飲食、宿泊や芸術など、総合的な里づくりです。

そして最大の目的は山の再生です。
今、全国の山が活力を失っています。川上にある里山にかつての循環型の暮らしと生態系が戻れば、豊かな栄養が川から里に運ばれ、やがて海にも恵みをもたらします。
この自然のサイクルを取り戻していきたいのです。

里全体の活力を取り戻すために、たくさんの挑戦をしていきます。

私たちの里に訪れた方には、すべて地域の産品でおもてなしできる、そんな場所を目指します。

たなべたたらの里は、この地に未来に誇れるあたらしい里をつくってまいります。
皆様、たたらの里でお待ちしております。

株式会社たなべたたらの里 里長
田部本家第二十五代目当主

田部長右衛門

会社案内

会社概要

名称 株式会社たなべたたらの里
本店所在地 島根県雲南市吉田町吉田2407
創業 2021年10月
資本金 1000万円
役員 代表取締役里長 田部 長右衛門
社員数 39名
営業種目
<山林事業>
<特産事業>
<たたら事業>
<地域開発事業>
 
関連会社 ㈱田部、㈱たなべの杜、㈱TANABEグローバルキッチン、㈱JUTOKU、出雲湯村温泉㈱(敬称略順不同)
関係会社 山陰中央テレビジョン放送㈱、日新グループ、㈲松陽印刷所(敬称略順不同)

会社案内

田部グループ

  • 株式会社田部
  • たなべの杜
  • TANABEグローバルキッチン
  • たなべたたらの里
  • 株式会社 JUTOKU
  • 出雲湯村温泉株式会社